北の大地は熱く燃えて
ひらがなの「る」は・・・


クレヨンしんちゃんに見える
b0006469_2261211.jpg

そこ行くお姉さん、オラとお茶しな~い?

どうもナスです。

そして北海道旅行の3日目。
この日は遂に北海道を離れ東京に帰る日です。
朝起きるとホテルの部屋のソファーで北海道の大学にいる奴が寒そうにタオルにくるまってたので
私が使ってたベッドの布団をかぶせておきました。
ありがとうと言ってそのまま寝始めたんですが、考えてみればベッドに移ればよかったのにね。
まあ、そいつはおいといてホテルの朝食へ。
ここもバイキング形式だったが、うどんと鳥の唐揚げとコロッケしか覚えてないな。

さて、あまりのんびりもしていられない。
飛行機が出るのは夜の9時半前だし車を返すのも8時頃とは言え、帯広札幌間で5時間みないといけない。
10時前にはホテルをチェックアウトし向かうは六花亭
ここでそれぞれおみやげを買いました。
更に店内ではカフェみたいにケーキなどもコーヒーと一緒に食べれるようになっていて
しかも、商品を見ればなんとどれもこれも200円以下で食べられる。
私がいただいたのはノアゼット、なんとお値段170円。
b0006469_22343150.jpg

大変上品なお味でおいしゅうございました。

朝から良い気分で六花亭を後にし、北海道の大学に来てるやつを寮に送り、帯広を後にしました。
最初に北海道の大学に来てるやつに通称を与えておくべきだったと思うが今さら遅い
さらば北海道の大学に来てる奴、また東京に来たらカッコイイとこ見せてくれよ。

さて、車を走らせること5時間弱、着いたところはノーザンファームにあるノーザンホースパーク
b0006469_22514026.jpg

馬である。
やっぱ馬はかわいいね。
このでかい体につぶらな瞳、ふさっとする毛にしなやかな体つき、もう素晴らしいとしか言いようがない。
もちろん曳き馬で乗せてもらいました。
乗馬は軽く一周するくらいですが結構ドキドキして乗ってきました。
馬の名前を曳いてくれてるお姉さんに聞いたんですが、例の如く聞き取れず。
まあ素直で可愛い子でしたよ、馬。
後は、馬の歴史、特にノーザンテーストなどの記念館を見て、軽くタルトとか食べました。

ノーザンテーストといえば、私が唯一やったダビスタの3全国板でもっとも高い種牡馬だった記憶があります。
一番安いのがマチカネイワシミズとかそんな感じの名前。
当時の私にはノーザンテーストで種付けできるような資金繰りが出来ず適当な馬でやってたような。
そして生まれてくる馬の名前には必ずレインボーをつけてました。
それこそマグナムレインボーとかソニックレインボーとかそんなレベルで。
キッカケは最初の馬の名前を兄貴が付けてくれるということになりつけてもらった名前
それがヤマノレインボーだったんですね。
今思えばなかなか趣のある名ではあるが当時はまるで意味不明で兄貴ご乱心とか思ったんですが
走らせてくるうちに愛着が沸きましてね、次の馬にもレインボーを必ず着けようって思ったんですよ。
んで次の馬につけた名前がウミノレインボー。
もう自分で考えるのを放棄したとしか思えない単純な名前。
そもそも山にかかる虹からヤマノレインボーだろうに海に虹がかかるのかと。
まあそんな細かい事考えれる歳じゃなかったと思うので良しとしましょうよ。

そして、札幌へ向かい、あとはちょこちょこお土産かって美味いもん食って終わりだなってところで
なんと道路が渋滞気味で時間がやばくなるってんだから困っちゃう。
牧場から札幌までが混んでいて、駅前に着いたのがもう6時とか7時とかそれくらい。
結局水曜どうでしょうグッズもろくに探せず飯も食えず空港に向かうこととなりました。
飯はラーメン組と海鮮丼組に別れ、ラーメン組は食えたそうですが私含む海鮮丼組は
まあいろいろありまして飯にありつけなかった。もうやっぱ地図は常に携帯しましょう。

しょうがないから空港で土産とか海鮮丼食えれば良いなって感じで空港に着いたんですが
時刻にして8時半くらい、もう土産やとか飯屋はほとんどしまってるという始末。
愕然としたわ。
しかし探してみるとギリでまだやってるお店があって、聞けばいくつかのメニューは出せるとの事。
でも、もう火を落としてるから、うどんとかは出来ないよと言われるがまるで構いません。
どれが出せるかを聞くとでかい海鮮丼が出せると言うことでそれお願いします。
b0006469_2319226.jpg

b0006469_23192184.jpg

もう、なんていうか海鮮丼のお手本と言わんばかりの完全版。
ホント美味かったです。
何とか最後の最後にいかにもって感じのが食べられて大満足。
そして北海道を後にするのでした。

どうでしたか、これで北海道旅行記は終了となります。
ちなみに飛行機代やホテル代、そしていろいろなところで金を使った結果、総額は7万程となりました。
しかし、まるで損した気はしない、むしろこういうお金の使い方こそ価値あるものなのではないか。
そんな風に思っていい旅だったんじゃないでしょうか。
いや、店を見つけられないで右往左往は何度もあったけども、それは次から直せるし。
水曜どうでしょうグッズが買えなかったのが心残りといえば心残りですが、まあいいでしょう。
皆さんお疲れ様でした。ではまた。
[PR]
by nasu-usan | 2007-10-24 23:42 | いい旅夢気分
<< いや、ホント名曲ですからこれ まだまだ行けたよ北海道 >>