まだまだ行けたよ北海道
b0006469_2213743.jpg

シャア専用携帯がソフトバンクから出るらしい。
色とか見ないと分からんだろうが正直結構欲しい気もしてたりする。
まあ買わないが。

どうもナスです。

というわけで北海道旅行2日目。
ホテルの朝食の為に9時頃にはちゃんと起きてみなでホテルの飯を食う。
朝食は和食洋食のバイキング形式。
なんか筋子とか素麺とか食った覚えはあるが後は覚えてない。

この日は札幌から帯広に行かなければならない。
東京から北海道の大学に行ったやつは帯広にいるからだ。
ネットで調べた限りだと5時間弱かかるというなかなかの長旅だ。
東京から北海道が1時間半なのに札幌から帯広だけで5時間とか考えられん。
考えられんがなるべく早めに出ようということで10時ごろに出たんだったかな。
普通に3時くらいに着いたからね、かかってるからね5時間。
いや、途中で夕張に寄ったりソフトクリーム食べたりしたけどね。
でもこんなのホントわずかな時間だからね。
夕張とか、ホント夕張とか拍子抜けもいいとこよ。

とりあえずどこ行ったら良いか分からないから駅に行こうと。
夕張駅に行けばパンフレットなり何なりあるんじゃないか、とりあえず駅に行けば良いでしょ。
着いた夕張駅は
b0006469_2241627.jpg

まあ牧歌的な感じの、夕張メロン的な色の屋根の、ちょっと郊外にあるような外観と
b0006469_22422573.jpg

観光だとか何とか言ってる場合じゃない単線で寂れたこのホーム。
見るもんなんかなんもねえよ。
夕張市が財政破綻だとか何だとかでニュースになってたが一体何に金使ってたんだよ。
新夕張駅にでも行ってみるかという意見も出たがどうにも期待できない。
まあ多分そっちの方が栄えているんだろうというかそうであって欲しいと思いながら夕張を後にしました。

車を走らせては途中の山道で紅葉がメチャメチャ綺麗だったりして飽きさせません。
今年の気候はよく分かりませんが紅葉前線もそろそろ下降して来ることでしょう。
道の途中で食べた濃厚ソフトクリーム、美味しかったです。
美味しかったですが山道の途中ということもあり腹が冷えそうになったのでホットコーヒーも飲みました。

そんなこんなで走らせついに帯広市に到着。
時間は3時半くらいかな、この時間まで昼飯を食べてなかったので北海道の奴と合流し
とにかく飯に行こう、帯広は豚丼が美味いらしいじゃないか、近所に美味いところはないかということで
b0006469_2312642.jpg

食べにいった豚丼。
おいおいなんかはみ出てるぞ
b0006469_2331670.jpg

おいおい北海道、おいおい帯広サービス良いなおいおい
b0006469_2335961.jpg

まあそっち側によってただけっていうね、北海道なんかやってられねえな。

帯広といい夕張といい良いことなんか何一つありゃしねえよ。
なんかねえの?帯広なんかねえの?って聞くとばんえいがまだやってるかもと言われる。
聞けばばんえい競馬というのがあって馬が荷物を載せたソリをひいて競走する競技らしい。
なんでも北海道でしか見れないという話だからこれは行くしかない。
車を走らせてたどり着いた競馬場はなんと本日の最終レースがちょうど始まるところ。
賭けよう賭けようということで急ぎで馬券を購入。
名前買いをモットーとする私はこの日も名前買いで100円で単勝を一枚購入。

7枠7番コブラダイオー。

うん、強いだろこいつ。

b0006469_23214561.jpg


お?

b0006469_23225074.jpg


おおおおおおおおおおおお????


なんと北の大地北海道は帯広で見事1着的中してきました。
うん、北海道最高
いやー良かった、北海道来てホント良かったわ。
さて、金に換えてくるか、おいお前ら祝い酒じゃ、今日は俺のおごりだぜーとまでは言わないが
つか単勝当てただけじゃそこまでいく筈もないんだがそれでも当てたしちょっとくらいと思ってたら
配当金は340円でした、北海道なんかくそくらえ。
しょうがないので40円を10円ずつみなに配りました。
なんか小銭が増えるなどの理由から嫌な顔をされてた気もするが気にしない。
俺も小銭増えるのやだったし、だから残りの300円で競馬場のシールを買いました。

んで夜は居酒屋で飲んで食べて帯広のホテルに行って駄弁って終わり。

2日目はこんな感じでした。
もうなんか日記1つに1つ入れるくらいのネタをただ羅列してるせいで
gdgd感が半端ないことになってますが
日記としてはこれで良いんだと自分に言い聞かせて長かろうと書いてみました。
まあとにかく夕張は頑張ってください。
3日目も多分あるよ。ではまた。
[PR]
by nasu-usan | 2007-10-23 23:49 | いい旅夢気分
<< 北の大地は熱く燃えて まだまだ行けるね北海道 >>