本当にMay I help you?とか言ってくるんだね
モーフィナスのモノトナス 
                in

              United States of America!!!
b0006469_21372741.jpg


というわけでですね、行ってきましたアメリカに、帰ってきましたニッポンに。
いやー良かった、いやあああああ、良かったよ、うん。

成田を出発してから向かうはデトロイト空港。
デトロイトを経由してジョン・F・ケネディ空港へ。
多分デトロイトまで12時間のJFKまで2時間くらいだったんだろうと思うけど
ほぼ全ての時間寝ていたのでよくわかりません。
いや、これね、実際飯とトイレ以外では姿勢変えるくらいでしか起きてないんですよ。
姿勢変えるのもうっすらと記憶があったりなかったりで、覚醒した時間はホント少ない。
飯もなんか周りがザワついてる気がするとか、においがするとかそういうレベルで起きただけで
本当に驚くほど寝続けていられました。
おかげかどうだか知りませんが時差ボケはまるでありませんでした。
というか、別に私は普段から10時間前後寝ていようと眠い時はいつでも眠いタイプなので
この時も私は向こうについてから眠たいなあと思ってたわけで
時差ボケは普段から健康的な生活を送ってる人にしか起きないんじゃないかなあと。
あと、エコノミークラスでしたがエコノミー症候群も大丈夫でした。
席は4列の右から二番目で狭く感じそうなところだったのですが
左隣がいなかったので結構ゆうゆう出来たのが良かったのかな。

んで、デトロイト空港着いたのは良いけど入国審査とかが、まあとにかく面倒だった。
前述の通り飛行機では全く寝てたんですよ。
なんか、本当はこの時に入国審査用の紙に記入とかしないといけなかったらしいんですよ。
全く何も準備のない状態で、日本語が話せそうな人をみかけない空間に置かれた俺。
泣きそうでした。
多分お前はどこから来たやつなんだ?的なこと聞かれてたんだと思うんですが
go to Americaとか言ったりしてました。デトロイトってもうアメリカなのにね。
相手にnoって言われてjapanese?とか聞かれてそう、それ、yes yesって感じで何とか。
その後はまた荷物検査を通して、空港で待ち。
JFK空港についてしまえばもう面倒な手続きはなくてバッグを取って従兄に合流。
b0006469_1144587.jpg

空港の前で一枚。
この後は夜ご飯を食べにNYのチャイナだかコリアンだかのタウンへ。
そこでソルランタンとかビビンバとかを食べました。
んで、歩いたりバスに乗ったりして従兄の住む大学の寮へ。
寮ではこっちでの従兄の知り合いさんに軽く挨拶とかして用意された部屋へ。
部屋は二人で一部屋らしくて、当然ベッドが二つあるわけだけど
ある部屋で一つベッドがあいてるという事で、従兄が申請してくれたらしくタダで宿泊場所ゲット。
これはかなり今回の旅では大きかったと思う。本当にありがたい話。
そんな感じで1日目は終わり。

まあ、デトロイト空港について5秒くらいで家に帰りたいとは思ったけれど
実際向こうについてみると、やっぱ違うなあとは思いました。
それでもやっぱ日本が良いね、うん。ではまた。
[PR]
by nasu-usan | 2008-01-30 01:42 | いい旅夢気分
<< Thank you! you&... iPod…もつかなあ >>